FXにおけるインターバンクとは?

FX取引を進めていく中で、どのように為替取引が行われているのかを知りたいと、考える人も多いのではないでしょうか。
FXはインターバンク市場と対顧客市場で行われています。
インターバンクとは、銀行間取引のことであり、専門業者の仲介によって、多くの人たちが取引を行っているところです。
主な専門仲介業者は、銀行や証券会社などの金融機関、そして外国為替のブローカーなどがあります。
私たちがFXを行う場合は、FX会社がブローカーの役割を、果たしているといえるでしょう。
インターバンク市場の最低取引単位は100万ドルとなっています。
この単位からも、多くの金額が取引されていることが分かります。
業者の為替レートは、インターバンク市場の為替レートを元にしています。
インターバンク市場のレートの変動に伴い、業者のレートも常に変動していくことを覚えておきましょう。
しかし、業者のレートは、インターバンク市場のレートを、そのまま使用している訳ではありません。
業者の利益が上乗せされています。
この利益の乗せ方は業者によって様々なので、最も有利に取引ができるところを選択しましょう。
インターバンク市場は、ロンドン、ニューヨーク、東京を始めとする、世界三大市場を含め、色々な市場が一日中稼働しています。
したがって、FXは24時間いつでも取引することが可能です。
時間が上手く確保できない人であっても、好きな時間に取引ができるので、融通が効く金融取引といえるでしょう。
FX為替